どうなるスクエニ

   
     
ゲーム
色々言いたいことがある


今回は、批判的な内容です。

どの業界でもそうですが、流行りがあればどの会社でも、流行りに類似した商品が売り出されます。

ゆるキャラが流行れば、各地域でこぞってゆるキャラをだし。

水素水がはやれば、各メーカーもこぞって水素水を出しました。

ゲーム業界でも、やはりその傾向は強く。

MOBAが流行ればMOBAを

ソシャゲが流行ればソシャゲを

と、よく言われるどこかで見た作品(システム)という作品が多くあります。

しかし、最近一社目に余るのが

スクウェア・エニックス

です。

とにかくどこかで見た作品が多い。

ファイナルファンタジーエクスプローラーズは、モンハン

ワールドオブファイナルファンタジーは、ポケモン

FF15でクラッシュオブクランみたいなゲームは出すし

ドラクエライバルズはハーフストーン

などなど、正直上げるときりがない状態です。

私は、以前はスマホゲームを遊んでいましたが、課金のシステムが合わず辞めてしまいました。

しかし、現状のスクエニのリリースする作品は、過去作品のリメイクや別IPでの利用や、据え置きのタイトルの減少。

開発期間のすさまじい長期化やFF15で代表的となった多発するバグ。

グラフィックリソースの間違った使い方(美味しそうな御飯)などなど

ファンの方もご存知、といった状態です。

実際、FF7は、2015年6月に発表されて、2019年時点でも発売時期は未定。

開発は行っている、との発表がありましたが

現状続報はなく、また販売もエピソードを分割して行う、という話まで出ています。

正直、分割販売をするとしても、一体いつ完結するのかさえ不明であり。

FF15運営の結末を見ても不安しかありません。

私もFF7は大好きな作品ですし、それこそ、やりこみもして、何度も全クリしました。

しかし、FF7が爆発的な人気を得たことで、スクウェアの戦略も変わっていきました。

今までなかった、完結した作品の後日談や後付け設定等など、関連作品を出したのです。

確かにFF7では、ザックスの存在など語られない部分は多く

何故セフィロスはあんなことになってしまったのか?

ザックスとエアリスの関係は?

など、プレイヤーの興味を引く点が多くありました。

しかし、スクウェアの中ではとかくFF7だけが持ち上げられ、FF7の関連作品は、シリーズでは異常と言えるほどに世界観を広げています。

そして、今回のFF7リメイク。

リメイクは、無印もしくはインターナショナル版に準拠するのか?

それとも、展開した作品を含みつつ、先の見えない特大コンテンツとなるのか?

また、システムがRPGからアクションに変更されるとの話もあり、無印のようなマテリアによる戦略性は維持できるのか?

※アクションゲームは、プレイの容易さから取っつき易さはありますが、言い換えれば単純なシステムになります。

アクションゲームになるのなら、FF15のような介護ゲームにならない作りなのか?

など、懸念点だらけです。

実際ここ数年でのスクウェア・エニックスは、

ソシャゲ参入作品の度重なるサービス終了や、自社開発作品のバグなどにおける開発力の低下など、ゲーム会社としての信用を大きく失っています。

※オクトパストラベラーやジャストコーズなどは、スクエニに販売権があり、開発は別の企業が行っています。

FF7のリメイクは、スクエニの信用を取り戻すものになるのか、それとも、更なる失墜に向けたものになるのか。

FF7の終焉まで見続けたいとおもいます、

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …