懐かしのゲーム:ミスティックアーク

   
     
ゲーム
オープニングがかなり特徴的

 

エニックス(現:スクウェア・エニックス)が1995年に SFC(スーパーファミコン)で発売したRPG

それが、Mystic Arkです。

 

このゲーム、残念ながら現在VCでの販売などは行われておらず、実機のみでのプレイとなりますが、素晴らしい世界観で今でも名作として名高いゲームでもあります。

※名作はVCで販売されないことに作為的なものを感じる。

 

このゲームに象徴されるのが、フィギュアとアーク、そして謎解きです。

 

ちなみにこのゲーム、名作と言われていますがストーリーというものがありません。

物語の導入は、旅をする主人公は突然、ゼビウスに出てくるバキュラ(板)のような物体に飲み込まれフィギュアに変えられてしまい、とある屋敷に転送されたところから始まります。

真ん中のフィギュアが主人公。
周りのフィギュアもフィギュアにされた人々

フィギュアにされた主人公へ、女神と呼ばれる存在が語り掛けます。

主人公は自らの力でフィギュアから人の姿に戻り、女神に

自分が存在すべき世界への扉を探せ

と、告げられ冒険が始まります。

 

スタート地点は断崖絶壁の島に立つ聖地と言われる洋館。

島から脱出することはできず、まずはプレイヤーは島や洋館の中を探索することになります。

 

いたるところにフィギュアが置かれている

そして、探索していると1室に模型の船が

このゲームでは特定のものを調べると、
アドベンチャーゲームのように選択式の謎解きパートが始まります。

 

そして、この船を触った瞬間世界が暗転

 

目覚めた先は

にゃにゃーん

砂の大地を猫の海賊団が統治する世界!

ここから砂の大地での冒険が始まります。

 

このゲームでは、主人公自体の物語は実質0に等しく、行った先々の世界

(音と色がなくなった世界や子供だけの世界など様々)

を救うことが物語の柱となります。

 

数々の敵や謎を退けながら、様々な人々とふれあい、そして、この物語の意味を知る。

 

最近めっきり減ったタイプのゲームですが、是非プレイもしくは動画でもいいので体験してほしい1本です。

 

これは、あなたが生まれるための物語
«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …