ペルソナという作品の飛躍

   
     
ゲーム
今やアトラスの屋台骨となった作品

テレビゲームを遊ぶ人大半の人が、ペルソナというシリーズを耳にしたことがあると思います。

このシリーズはもともと、ゲーム会社アトラスが開発している作品、女神転生シリーズの外電として発売し、その世界観やキャラクター、そしてペルソナという存在で人気を博しました。

ペルソナシリーズもナンバリングでは6作(移植/拡張版は除く)

・女神異聞録ペルソナ(初代)1996年9月

・ペルソナ2 罪 1999年6月

・ペルソナ2 罰 2000年6月

・ペルソナ3(フェス)2006年7月

・ペルソナ4(ゴールデン)2008年7月

・ペルソナ5(ロイヤル)2016年9月

そして、外伝として8作品

格闘ゲーム

・ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ

・ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド

ダンジョン系RPG(Wiz・世界樹系統)

・ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス

・ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス

ダンシングシリーズ(音ゲー)

・ペルソナ4 ダンシング・オールナイト

・ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

・ペルソナ5 ダンシング・スターナイト

アクションゲーム

・ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ

そして、ペルソナ3以降の作品すべてがアニメ化

と、今や日本を代表するゲームの1つになりました。

しかし、実際ペルソナがここまで人気になったのは3以降。

1や2は当時(1996-2000年)ひっそりと売れていた作品でもありました。

※実際私の周りでは、ゲームの存在自体知っている人はおらず、私も姉が遊んでいるのを見てはじめて存在を知りました。

しかし、なぜ3が爆発的なヒットをしたのか

その要因のひとつが、ストーリーの変更(キャラゲーの要素が強くなった)こと

女神転生シリーズおよびペルソナ(1・2罪罰)は、はっきり言って明るい作品ではありません。

悪魔や事象により崩壊した社会で生き抜く人々や、真実にたどり着こうとする主人公と仲間

時には、敵の真意を知り選択を迫られ、仲間の心にある闇を知り、信じた相手から裏切られ

選択によっては、世界を崩壊させ、親友に手をかけ、自分を愛する人をも殺す

そんな、人とは、生きることとはという、とても重いテーマがこのシリーズの根幹にありました。

また、この選択によりキャラクターの成長を大きく感じられるのも、この作品の魅力です。

そしてペルソナ3から、その重いテーマのほとんどを排除した形になり

とっつきやすくなった、言い換えると話が軽くなったことも言えます。

※この軽さについては別の記事で書こうと思っております。

二つ目に、徹底したヴィジュアルの変更

いままでアトラスといえば、悪魔絵師こと金子一馬氏がメインでしたが

アトラスでは、3(クソゲーことステラデウス)以降から、副島 成記氏が担当することになりました。

今までの女神転生は、いうなればゲーム業界のジョジョの奇妙な冒険

キャラの絵で遊ぶのを遠ざけている人も少なからずいました。

これを副島氏の絵に変えたことで、大変手に取りやすくなった

キャラ人気でのファン増加ができたため女性ユーザーが増加した

ということも挙げられます。

3つ目に、システムを理解しやすくした

ペルソナ1では特にそうでしたが、このペルソナというゲームでは、必ず難解なシステムや隠し要素が存在します。

1では、相手の小種族と大種族という二つの種族で属性効果の判定を行い、ダメージ計算や命中を計算するため、弱点であっても聞かない場合がある、というルールがあったり。

※ゲーム内での説明は一切なし

2では、3以降おなじみのフールのペルソナを召喚する場合は、特定の条件下の超低確率で発生する敵との会話で手に入るカードを手に入れなければ召喚できない。

※作中ではノーヒント

そういった難解さをすべて取り除き、また、敵との交渉も排除(敵は意思を持たない存在のため、交渉不可)など、過去のシステムのほとんどをなくしました。

確かに顧客の開拓を目的として、なおかつキャラゲーにするのであれば、システムよりもキャラを重視するため、これは致し方ないかな?とも思います。

 

最後に、音楽です。

3が発表された当時は、私も音楽を聴いて、これがゲームの音楽!?となりました。

全く今まであったゲームにはないテイストの音楽を使ったこと

今やライブまで開催できるようになったこととも、大きな要因となりました。

さて3から始まった、このペルソナの飛躍

一つ一つは、どの会社のどの作品でも取り入れられていますが

全て取り入れなおかつ、最初にやった

ということが、このシリーズの大きな信頼にも 繋がっています。

 

私自身、1や2の硬派な感じにしてくれれば、と思うこともありますが

これからのシリーズの展開を見守り続けたいと思います。

しかし、4から5まで8年の間があったので、次は2024年かな?

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
オンラインゲームの失敗 続編という2匹目のドジョウ

サービスを終了します。 サ終と略されるオンラインゲームの終焉。一つの世界の終わり。   つい先日、リ …

ゲーム
メタルマックスの新作 主人公はポチ!

メタルマックスシリーズは、1991年に発売されたRPG 竜退治はもう飽きた! という、 キャッチコピ …

ゲーム
我々は6年待ったのだ!EAST WARDの発売を!!!

とうとう、とうとう EAST WARDの発売が発表されました!! 2019年内に発売が、いつの間にか …