シナリオとキャラクターの関係性

   
     
ゲーム

最近、メジャータイトルにおけるシナリオのチープさ

というものがよく話題に上がります。

お世辞にも良いシナリオとは言えず、言い方を変えれば勧善懲悪

別の言い方をすればひねりのないシナリオとも言えます。

また、難しいことをやろうとしすぎて最終的に何をさせたいのかよくわからない

※メッセージ性もない。

というのも見かけます。

あくまで私個人の意見ですが、作りこみが浅い、という印象が大きくありますが

シナリオがおざなりになっている作品が多い、というのが正直な感想です。

ゲームにおいて何を重きを置くか?

ということがよく話にあがります。

最近でいえば、Marvel’s Spider-Manがこれにあたります。

このゲーム、とにかくいろいろな媒体で宣伝がされ、

ゲーム内容もアメリカを自由自在に動き

スパイダーマンが出来る動きを自らの操作で体験できる

という素晴らしい内容でした。

しかし、一部のユーザーからは、スパイダーマンの映画を見ていないと話が分からない

という意見もありました。

ゲーム体験としては素晴らしかった

キャラクターを題材としたゲームでは、ストーリーの前提をどこに置くか、でプレイした感想も大きく変わります。

過去にも記載した記憶がありますが

シナリオ・ストーリーとは、キャラクターを引き立たせる舞台、だと私は考えています。

どんなにヴィジュアルが良くとも、ストーリー次第ではプレイヤーから嫌われるキャラになりますし、その逆も然り。

やはりストーリーありきでゲームが成り立たなければ、キャラクターに対する思い入れというのも持ちにくい

しかし、資金はそういったシナリオが描ける人がすくないのか

ストーリーがよかった、といわれるゲームが少ない状況です。

万人に受ける物語は、存在しませんが

多くの人に愛される物語と、登場人物がもっと増えていくことを願うばかりです。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
オンラインゲームの失敗 続編という2匹目のドジョウ

サービスを終了します。 サ終と略されるオンラインゲームの終焉。一つの世界の終わり。   つい先日、リ …

ゲーム
メタルマックスの新作 主人公はポチ!

メタルマックスシリーズは、1991年に発売されたRPG 竜退治はもう飽きた! という、 キャッチコピ …

ゲーム
我々は6年待ったのだ!EAST WARDの発売を!!!

とうとう、とうとう EAST WARDの発売が発表されました!! 2019年内に発売が、いつの間にか …