ビジネス面から見た、アイテム課金制のメリット・デメリットって?

   
     
ゲーム

今回は、無料オンラインゲームについてのお話。

スマホゲームはマイクロトランザクションの最たるもの

最近、ゲームへの意識、認識が少し変わってきていることを常々感じます。

モバイルで配信されるゲームは、ガチャなどの少額課金制(マイクロトランザクション)に変わり、プレイ無料は当たり前。

そんな中、月額課金制のゲームに対して一部の人は

ゲームにお金をかけるのか

という、発言も見受けられます。

ゲームは、お金をかけてやるんです!

と、声を大にして言いたい気持ちもあるのですが

やはり、ゲームに対しての認識が変わってきているんだろうなぁ、とも感じます。

昔は無料でできるゲームなどは少なく、それこそFLASHゲームなどが一般的でしたが

やはり、無料ゲームは、据え置き機のゲームには遠く及ばない、というのが私の認識でした。

ところが昨今、無料のオンラインゲームなどは、画質などは有料ゲームに引けを取らないものも増えてきたことも、また事実です。

ただし、オンラインゲームも一つのビジネス、オンラインゲームを運営する上で最も大切なことが収益です。

これがなければ、サービスは続けられません。

そして、収益を上げるためにあるのが、課金であり、プレイヤー数が収益につながる、と言っても過言でもありません。

しかし、プレイヤー数=収入額という数式にならない場合があります。

それが、アイテム課金制(マイクロトランザクション)です。

ここがデメリットになるのですが

無料オンラインゲームでは、プレイヤー個人で払える金額には差が大きくあります。

無課金でエンドコンテンツ(現状の最高地点)に到達する人もいれば

月数万をかけて、アイテムの購入やガチャを回す人もいます。

そして、問題になるのが、アイテム課金制はゲームの状況や、様々な部分で変動が大きく発生する、不安定なものである、という部分です。

今月は5000万だった売上が、翌月には100万になる可能性もある、ということです。

そして、収入が少なくなれば、当然サービス継続も難しくなりますし、ゲーム内のコンテンツも増えません。

最終的には、サービス終了という結果も当然あり、昨今サービス開始1年、もしくはそれ未満で終了、なんてこともよくある話になりました。

マーケティングで、大物YouTuberや声優を起用した宣伝などもありますが、面白くないもの、魅力がないものは長続きはしない、という原理原則は、どの業界でも同じようですね。

 

逆に、アイテム課金制のメリットは

参入のしやすさ、見切りのしやすさ、人気コンテンツになったときの爆発力

という点が挙げられます。

・参入しやすさ、とは言わずもがな、無料ゲームであることから、とにかく始めやすいこと

・逆に、面白くない、合わないゲームであれば、すぐ止められるし、止めても失うものがない

・そして、人気に火が付いたときの収入が膨大な量になる(プレイヤー次第ではありますが)

という、ことです。

門戸を広める、ということはとても大切なことで、これだけゲームが乱立している昨今、ゲームをまず触ってもらうために無料にする、という意味はわかるのですが

それが結果、サービスそのものの寿命にもなってしまう、とは中々皮肉なものですね。

メリットがなさすぎません?

と、書いていて思いましたが、正直ガチャに対しての海外の評価(一部禁止になった国もあり)などもあり

デメリットになり得る部分が多いのも正直なところなので、改めて調査して書いてみたいと思います。

プレイヤーも運営も、博打性があるのが、アイテム課金制の特徴だと言うことだけは、確実かと思います。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
オンラインゲームの失敗 続編という2匹目のドジョウ

サービスを終了します。 サ終と略されるオンラインゲームの終焉。一つの世界の終わり。   つい先日、リ …

ゲーム
メタルマックスの新作 主人公はポチ!

メタルマックスシリーズは、1991年に発売されたRPG 竜退治はもう飽きた! という、 キャッチコピ …

ゲーム
我々は6年待ったのだ!EAST WARDの発売を!!!

とうとう、とうとう EAST WARDの発売が発表されました!! 2019年内に発売が、いつの間にか …