オンラインゲームの現状。

   
     
ゲーム
私はコロッサス(右から2番目)がお気に入り。
でかいのはロマンですよ

さて、先日からずっとANTHEMを遊んでいます。

ストーリーが短すぎる!

現状コンテンツが少なすぎる!

βテストの時から変わらずバグがおおい!

高難易度(GM2以降)でのゲームプレイに旨味がなさすぎる!

コンテンツで2つ目の箱入手後の途中抜けが多すぎる!

もう売りました。

などなど、マイナスのレビューも多いこのゲームですが

私としては、十分楽しめていますし(現在コロッサス全装備MW・武器1つだけレジェンダリー・GM1はクリア・2は調整ミスと旨味がないのでやりません)

今後のアプデで、コンテンツがどのように増えるのか

また、機体のパーツがどうなるのか

など、まだまだ期待値は高い作品です。

ただ、最近オンラインゲームをプレイしていて思うのが

アプデありきのゲーム設計になっていて

購入してすぐエンド(その時点での頂点)に到達で来てしまう。

という、中身がスカスカ、といわれる現象が多いことです。

ここ最近あまりの出来にレビューが大荒れした「Fallout76」

この作品も、広大なマップはほとんど意味をなさず、戦闘面については

・どこかに籠る

・目当ての商品が供給されているサーバーに入るため、ログイン・ログアウトを繰り返す

が最適解になり、オープンワールドの意味が消失してしまいました。

フルプライスで買ったことを後悔した作品

※また、ログイン・ログアウトが頻発するため、サーバーが安定しない、という話まであがりサーバーが落ちることも、減ってはいません。

また、アプデが遅く

アプデのほとんどがバグ対応(解決され別のバグが発生)と調整

エンドに到達しても、コンテンツも増えず、今年の3月にやっと増える

という、状況でプレイヤー数もサービス開始当初から比べると、激減しました。

どんなものでも、初動が大事、というのはよくある話で

初動がうまくいかなかったため、サービスを終了したものや、売れなかったものは、数多くあります。

冒頭の話に戻りますが、最近は、こういった初動を失敗するオンラインゲームが多く。

エンド到達が容易であることで、

プレイヤーにとって作品に対しての思い入れもなくなり離れる

※戻る人は少ない。

こういった、現象が多く。

また、その時点でゲームの行く末が決まってしまう状態です。

開発のコスト面での問題は確かにありますが、開発は遊びがおおいゲームの開発、というのが出来ないのが悲しい現状です。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …