フロントミッションは再生出来るのか?

   
     
ゲーム
希望はないのか….

先日、フロントミッションの世界設定的続編である、LeftAliveの公開生放送がありました。

その時の私の感想は、劣化版メタルギア、でした。

フロントミッションをご存知ない方は、是非動画を探して見ていただきたいのですが

この作品は、旧スクウェア時代から会社を支えたタイトルで

スクウェアには珍しい、現代社会で戦争や闘争を描く作品であり、舞台設定や重厚なストーリー、そして、ヴァンツァーというロボットがとても光る作品です。

この作品のファンは多く、私も含めて続編を望まれている1本です。

しかし、このシリーズは、エボルブというPS3で発売した新作でクソゲーと言う烙印を押されました。

シリーズ最大のクソゲー

実際、ゲーム内容はストーリーやプレイを含めお世辞にも

良い出来、なんとか遊べるとは言い難く、シリーズにとどめを刺したとも言われています。

そんな中で、発表された新作は、まさかのステルスゲーム

一応ヴァンツァーに乗れる、とは言われていますが、敵の機体を奪うだけでカスタマイズは出来ない。

自分が敵の機体に見つかれば、逃げるしかない。

仲間はいないから、一人で逃げて戦い脱出する。

などなど、私が求めていた

自分が良いと思うヴァンツァーを組み立て

仲間と連携して敵を倒し

仲間の内面にあるものを知り

やがて黒幕に迫っていく(大体ドイツの某社が黒幕)

という、エッセンスが感じられませんでした。

また、今回も前回の失敗から学んでいないのか、アクションゲームです。

※シュミレーションのほうが、連携などシステム面を強化しやすい。

 アクションゲームの場合、直感的な操作は出来るが、単調になりやすく繰り返しがおおくなる。

この作品が、フロントミッションシリーズ最後になってしまうのか

はたまた、名作として名を連ねることになるのか

不安で仕方ありません。

※もしかすると、現在のスクエニにシュミレーションゲームを作れる人がいない可能性もありますが。

そんなこんなで、今回はここまで!

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …