歪なLEFT ALIVE

   
     
ゲーム
大爆死でした

LEFT ALIVE

フロントミッションは再生出来るのか?

(フロントミッション:以下FM)

でも、挙げたLEFT ALIVE。

 

発売後の状況やプレイ映像を見て、やはりか、という気持ちしかありません。

 

と、言うわけで、なぜこのゲームが、不評になったのか

その要因や私なりの解釈についてが、今回の内容です。

まず、このゲームの問題ですが

①FMシリーズの世界観である必要性がなく、またFMの世界観にあっていない。

②追求したリアリティが中途半端。

③全体的な操作の不快さ。

というものがあげられます。

まず、①について

このゲームは、FMの世界観を共有して作られた作品、という触れ込みでファンから大いに期待されていました。

しかし、中を開いてみれば、FM要素はヴァンツァーしかなく

そのヴァンツァーの動きも、FMエボルブから進化が見えない状態。

しかも、時代設定はファンが知るFMではなく、強化装甲を身にまとった敵が闊歩する近未来。

FMは、架空戦記物としての側面もあるため、私はこの設定がどうしても受け入れられませんでした。

実際これを見て、何がFMの世界観と言えるのでしょうか?

次に②ですが。

公式より、このゲームは戦場のリアリティ・緊張感を追求した、という発言がありました。

これは③にも当てはまるのですが、リアリティとはなにか?という、ことに繋がります。

LEFT ALIVEは、サバイバルゲームとしての側面でゲームが作られているそうです。

ただ、プレイで分かるのですが

素材を使って武器を作る

→大量の空き缶はまだしも、大量の火薬が落ちているおかしさ。また、結局大量のリソースを持っている時点でリアリティはない。

 ※敵がもってる手榴弾を奪うならまだわかる。

火炎瓶を食らって、ダメージモーションを取るが死なない敵。

→そもそも強化装甲に火が効く、というのもおかしな話。

少ない弾薬でやりくりする。

→敵の武器はなんで奪えないのか?生き延びるための手段が制限されている時点で、リアリティが欠如している。

 ※メタルギアでもよく出る問題。あっちは、潜入任務だから大型火器は不要説。

最適解がスライディングで相手をこかせて鉄パイプで殴る。

→弾薬は効きにくいけど、物理的に殴るなら効く、という謎の状況。銃はリアリティがない?

 ※結局は物理攻撃であり、強化装甲の意味がない。

敵が強化装甲を身に着けるレベルの装備なのにも関わらず、装備以外が雑。

→ゲームが難しくなってしまうが、戦争で生き延びるという趣旨なら、敵同士が通信をとっているのが当たり前で、通信が取れなければ警戒される、なんてことがなく

 最終的に各個撃破してしまえばよい、という、発想になる。

敵のボスが、生身の上、片手でガトリングを撃ってくる。

→マジでどこに行ったリアリティ

などなど、リアリティを追加されているのはプレイヤーのみで、敵にはリアリティがない、という中途半端な状況になっています。

最後に③ですが

これはもう言葉通りです。

なお、このゲームはステルスを求めていますが、ステルス キルがありません。

開発の鍋島さんは、

ステルス キルは議題に上がったが、敵をバシバシ倒すゲームではないので実装しなかった。

という旨を発言していますが

結果、スライディングして物理で殴ればいい

という、ステルスキルもどきが生まれ、スベリオンのような状況になってしまいました。

※リアリティとは。

そのほか、アイテムは1種類しかショートカット登録がなく、いちいちメニューを開く必要があったり

などなど、とにかく快適にプレイできる要素が少ないです。

とまあ、こんな感じで何もかもが中途半端

何もかもが歪な形になってしまったこのゲーム。

スクエニは今後、このシリーズをどうするのか?

FMシリーズは、2本のクソゲーを連続して生み出して

ナンバリングタイトルを作れるのか?

ここで、シリーズは本当に終焉を迎えるのか。

KHとか、看板作品だけじゃなくて

ほかの作品もまともに作ってよスクエニ。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …