実績の蓄積がどれほど大事か

   
     
ゲーム

SEKIROが発売して、少し経ちました

媚びないスタイル

いろんなところで、面白い!難しすぎる!などなどの声がたくさん出ています。

その中に緩和(イージーモードの追加)を求める声があったりもしたのですが

正直、フロムゲーをなんだと思っているのか?

と、思ってました。

今回のSEKIROは、私の中で

近接オンリーのアクションゲームを一つ先の水準に推し進めたな!

という、作品でした。

過去数多くのアクションゲームが生まれていますが

近接が主だった攻撃手段のゲームでは、単純な押し引きがゲームの基本でした。

それをSEKIROでは、お互いが切りあうことで生まれる絵とゲームシステムをマッチさせた

プレイヤーが求めていたムービーの中だけでしかできない絵を見事に再現しました。

しかし、やはりこれが出来たのは、過去の作品からの蓄積があってのことだと思います。

ダークソウルでは、盾で防ぐことやパリイをきめること。

ブラッドボーンでは、盾をなくし、回避と相手のスキを突いた強攻撃からのスタブ。

などなど、いい加減アーマードコア出してほしいなぁ、と思いながら

体は闘争を求める

いつまでもプレイヤーに媚びないゲーム作りでここまできたフロムですから

次はどんな体験をプレイヤーに与えるのか、楽しみでなりません。

あと、もう少しほかのゲーム会社は、こういうところ見習った方がいいと思います。

なんでもかんでも、流行りにのり、自社で蓄積したものを使わないことが多い気がします。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
New Worldは新世界として生き続けられるのか

ついに2021/9/29に発売した、Amazon game studiosが開発した 新作MMO N …

ゲーミングデバイス
PC Building Simulator 自作PCの世界

自作PCとは、家電量販店などで売られているデスクトップPCを自分でパーツを選び組み立てたパソコンのこ …

ゲーム
オンラインゲームの失敗 続編という2匹目のドジョウ

サービスを終了します。 サ終と略されるオンラインゲームの終焉。一つの世界の終わり。   つい先日、リ …