実績の蓄積がどれほど大事か

   
     
ゲーム

SEKIROが発売して、少し経ちました

媚びないスタイル

いろんなところで、面白い!難しすぎる!などなどの声がたくさん出ています。

その中に緩和(イージーモードの追加)を求める声があったりもしたのですが

正直、フロムゲーをなんだと思っているのか?

と、思ってました。

今回のSEKIROは、私の中で

近接オンリーのアクションゲームを一つ先の水準に推し進めたな!

という、作品でした。

過去数多くのアクションゲームが生まれていますが

近接が主だった攻撃手段のゲームでは、単純な押し引きがゲームの基本でした。

それをSEKIROでは、お互いが切りあうことで生まれる絵とゲームシステムをマッチさせた

プレイヤーが求めていたムービーの中だけでしかできない絵を見事に再現しました。

しかし、やはりこれが出来たのは、過去の作品からの蓄積があってのことだと思います。

ダークソウルでは、盾で防ぐことやパリイをきめること。

ブラッドボーンでは、盾をなくし、回避と相手のスキを突いた強攻撃からのスタブ。

などなど、いい加減アーマードコア出してほしいなぁ、と思いながら

体は闘争を求める

いつまでもプレイヤーに媚びないゲーム作りでここまできたフロムですから

次はどんな体験をプレイヤーに与えるのか、楽しみでなりません。

あと、もう少しほかのゲーム会社は、こういうところ見習った方がいいと思います。

なんでもかんでも、流行りにのり、自社で蓄積したものを使わないことが多い気がします。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …