ガールズ&パンツァーとは最高のシチュエーション作品である

   
     
アニメ

ガールズ&パンツァー(以下、ガルパン)最終章 第3話が公開されて1か月が経過しました。

私も当然視聴したのですが

もう視聴中は、始終表情筋が動きっぱなしの48分でした。

第三話前半は、作中最弱と言われた知波単学園戦(日本軍モチーフ)
シリーズ中1.2位を争う素晴らしい戦いでした

 

本作品については、過去何度か取り上げているので細かな話は省略しますが

テレビシリーズ12話+OVA1話

見る前:まーた、萌え系アニメか。粗製乱造しよってからに
見た後:なんやこれ、とんでもないもの見たぞ…

劇場版

映画化と聞いたときは驚きましたが
本当に昨今では珍しい総集編などではなく
新作として劇場版作品を作りました

最終章

毎回のクオリティが凄い。
でも第1話スタートは2017年
全6話構成で2021年で3話目が放映
これ最終話いつになるんやろ…

と、昨今の映画では、

これまでヒットを継続し続けている作品はそうそうない訳です。

※同時期に放映されている、エヴァンゲリオン最終作

 シン・エヴァンゲリオンは、もうホントにアニメ史の神話レベルの代物なので

 対抗馬として今回出すことはありません。

 

しかし、なにゆえガルパンがここまで人気なのか?

キャラクターが魅力的?

戦車の動きが魅力?

ド派手な戦車シーンでパンツァーハイになる?

たしかにそれも人気の理由の要素です。

でも忘れてはならないのが

この作品は、視聴者が観たい!を見せてくれる作品である

ということです。

劇場版でこいつが出た時は
出しやがった!
と心の中で叫びました

 

まず、テレビシリーズ

弱小校である[大洗女子学園 戦車道チーム]と、多種多様な国をモチーフにした学園との試合

そこから起きるジャイアントキリング

大洗女子学園 戦車道チームが、強豪校相手にあの手この手を尽くし

勝利を収めていく姿は、 興奮や爽快感が凄まじく

正に萌えとはかけ離れたスポコン物。

でも、キャラのおかげで泥くささがない。

という奇跡の化学反応を起こします。

 

そして、主人公[みほ]が、自分の戦車道を見つけていく話でもあります。

このジャンプのシーンは1話の答えになったいいシーンでした

 

次に劇場版

テレビシリーズにて優勝を飾った[大洗女子学園 戦車チーム]と

彼女たちと競い合った他校戦車チームで構成された

誰もが夢見たオールスターチーム

VS

最強の対戦相手 

そして、ラスト2対1でのあの戦い。

オールスター戦にするには登場人物が多すぎる!
※後ろにいるのは大洗女子学園チーム、ここから更に増えます
しかし、全員見せ場もあって、 更に新キャラも居てって
これであれだけ成立させたのはホントにすごい。

ちなみに劇場版のお勧めの見所は、各キャラの散り際です。

キャラの散り際を見せることが無い本作
劇場版でカチューシャを生かすために新キャラのクラーラが動くシーンは
笑いとシリアスの緩急、そしてそれを壊さない演技が最高でした

ここまでで、ほぼほぼやれるようなことをやった

私もそう思っていました。

 

しかし、ここから劇場版。とんでもないことになります。

ストーリーの原動力は弱いですが
キャラに焦点を当てた本作
成長が本作の根底にあり、今まで出たキャラが変化していく様は魅力の1つ

 

テレビシリーズで本編で戦うことのなかった学校の実力は?

もしあの学園が本気を出したら、果たして大洗女子学園とどう戦うのか?

ぶっちゃけ今まで、みほが居たから勝てたんでしょ?

 

そのファンからの問いに対して答えを用意したのです。

もう3話最後の展開は

とうとう来た!!

と言わざるを得ない展開となり、これからまたいつか公開される4話に続きます。

3話後半-4話前半は劇場版で共闘した継続高校
(フィンランドとムーミンモチーフ)
劇場版のたった数分の戦闘シーンで視聴者を虜にしたミカのチーム
その実力とは

もうね、見るたびに、ぎゃー!!あーー!!って心の中で叫びっぱなしですよ

 

お楽しみはこれから、 まだ見ぬものを見続けさせてくれるガルパンに

乞うご期待ですね。

※4話はホントにいつ公開になるんだろ・・・

 

ちなみに、ガルパンはコミックでの展開もかなり幅広く行っており、

興味があればこちらも是非。

※劇場版で語れなかった内容を描き切ろうとしている、劇場版の漫画版もあります。

 

なお、私がお勧めするのは、ガールズ&パンツァーリボンの武者

4/23に最終16巻が発売されました。
ガルパンであることを除いても、大変面白い作品です

本編とは、パラレルワールド的な位置づけで展開されるお話ですが

とにかくキャラ立ちがやばい(というか、テレビ版のキャラがどんどん怖くなる)

戦車に立っているのが本作主人公の姫こと[しずか]
武将のごとき口上は戦場で更に迫力を増していくし
どんどん狂人度が増して最高なキャラになります

特にテレビシリーズ、劇場版を見た後に読むと

物語を別の視点で捉えることが出来る1作です。

※作品自体ガルパン製作チームだというのが、すごい所でもあるんですが

 

とまあ、人気の理由やどこが面白いかを上げると

枚挙に暇がないガルパンシリーズなのですが

実際、どこをとっても高得点な作品であり

今後も語り継がれていく作品になること間違いなしの作品なので

ここまで読んでくれたのであれば、見たことが無い人はまずはテレビシリーズ

面白かったら劇場版を

もう見た、という人は、何度でもこの作品を応援していきましょう!

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アニメ
映画大好きポンポさんは、映像化の意味を体現した作品でした

6月4日から放映されている「映画大好きポンポさん」を見てきました。 前評判から面白い、という話だけ聞 …

アニメ
表現におけるジェンダーについて

今回の記事は、少々まじめ気味なお話となります。 また、本文に書かれている内容は「私個人の主観」の話で …

アニメ
自粛だからこそメディアやゲームを楽しもう!2

昨今のご時世もあり、外出の自粛などで家で何をすればいいか? そんな時こそエンターテイメントというもの …