ソシャゲ化するオンラインゲーム

   
     

以前にも書きましたが、数年前からプレイヤーの新規参入を狙って

基本プレイ無料型(F2P【フリートゥプレイ】)のゲームが浸透し始めました。

 

しかし、現状F2Pで提供を始めたゲームのほとんどが衰退の一歩をたどっています。

※最近昔遊んでいたオンラインゲームのサーバー統合のメールが飛んで来て、とうとうサーバーが1つになる、とのことでした

 

理由は簡単。

プレイヤーの減少に伴う課金額の低下。

これ以外にありえません。

 

基本的に、F2P型ゲームの集金方法はガチャもしくは、月額料金サービスのどちらかが主流になっています。

しかし、ガチャはギャンブルということで排斥の流れもあり、また、当然ですがSR・SSRが当たる確率は渋く、プレイヤーも多額のF2Pには程遠い金額を払うことになります。

 

実際、今後もF2Pのビジネスは継続するでしょうし、この流れから離れようとする会社もすくなく、またプレイヤーも

フルパッケージでゲーム買ってなんで月額払わないといけないのか?

という、思いもあるでしょう。

 

しかし、ゲームを良い方向に向けるのも悪い方向に向けるのもプレイヤー次第。

 

実際私自身、月額料金のゲームはもっと増えていいと思っていますし、そういったゲームのほうが絶対に質が高いものになると信じています。

 

ただ、月額料金型のゲームは、PC以外のハードではネットワークサービス料金が必要なため、向かないとも思う部分でもありますので

世の中(特に日本)には、もっとPC専売タイトルが増えたほうがいいと思います。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
New Worldは新世界として生き続けられるのか

ついに2021/9/29に発売した、Amazon game studiosが開発した 新作MMO N …

ゲーミングデバイス
PC Building Simulator 自作PCの世界

自作PCとは、家電量販店などで売られているデスクトップPCを自分でパーツを選び組み立てたパソコンのこ …

ゲーム
オンラインゲームの失敗 続編という2匹目のドジョウ

サービスを終了します。 サ終と略されるオンラインゲームの終焉。一つの世界の終わり。   つい先日、リ …