映像はゲーム体験になりえるのか?

   
     
ゲーム

ハードの進化により、ゲームの映像はゲーム体験の中に組み込まれていったが

最近、本当に映像とはゲーム体験なのか?と思うことが多い。

例を挙げると

ファイナルファンタジー(以降FF)は、ナンバリングの7以降、

スクウェア・エニックスは、FFを常に新たな映像技術をお披露目する場として、利用してきた。

実際FF10の時は、プレイステーションのポリゴンから一新して

実写的なムービーを見た時には胸が踊った。

これが映像で動くんだからテンションも上がりますわ
※なおゲーム内グラフィックについては無言

しかし

ゲームの内容自体が面白かったか?

と問われれば、人を選ぶゲームである、と私は回答する。

実際、ゲーム内容と映像技術は比例しない。

そして極論を言ってしまうと

映像技術のお披露目でゲームを作るのであれば、映像会社になればよい

というのが、私の持論でもある。

ゲームとして遊ぶことによって、プレイヤーにどのような体験をさせたいのか?

それが不明確なゲームは多く、美麗な映像は、

「ゲームを遊んでからのがっかり感を増大させるための一因」

になることもよくある。

アニメで言われるオープニング詐欺である。

私の愛するフタコイオルタナティブ
OP詐欺でありながら、まさかの詐欺ではなかったというやべー作品

動き出したプロジェクトは止められない、

それは日本のゲーム開発会社に置いては絶対に避けられない自体であり

当然そこには納期が発生するが

発売後、その作品が長く愛される作品となるのか

開発会社が信用を失う作品になるのか

そこを見定めて開発が行われれば、AAA作品がコケることもないのではないかと思う。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
百英雄伝Risingは…

百英雄伝とは、KONAMIで発売されていた幻想水滸伝のクリエイター達が集結して作られる 2023 年 …

ゲーム
スクエニのリメイク・リビルドは絶対に信用しない

スクエニ(スクウェア・エニックス)は、過去のIPの焼き増しで微妙なのばかり。 IP復活? はい、スマ …

ゲーム
しくじり先生に吉田直樹が登場

2022年4月1日に放送された「しくじり先生」(AbemaTV)にて、 FF14プロデューサー/ディ …