スマホゲームの先

   
     
ゲーム

もはや日本では当たり前のようになったスマホゲーム。

正直、那須さん直筆でストーリーの書籍を出してほしい作品

現在、スマホゲームを出していないゲーム会社はほとんどなくなってしまい

出さない、と宣言していた任天堂でさえも協賛ではありますが、業界へ進出しました。

実際スマホゲームの良いところは、

・常に持ち歩くデバイスである

・手軽に起動が出来る

・無料(ゲーム内課金)で始めやすい

など様々です。

また、よく見てみると売上やゲームの息の長さでは

日本より海外のゲームの方が、優れている部分が多い

という、特徴があります。

有名なスマホゲームタイトルを排出している会社に

Supercell

(本社)フィンランド ヘルシンキ

があります。

ここの会社は一貫して、PvPのゲームを発表することが多く

つい最近もブロスタをリリースしました。

日本でもPvPゲームというのは、多少なりともリリースは多いですが

とにかく課金で手に入るユニットを手に入れるか?

が、メインとなっているものがほとんどです。

 

日本のスマホタイトルの動画では、ゲーム内容よりどんなキャラがでるのか?

プレイ動画では、ゲーム内容よりもガチャの結果がメインになっているものが多い

などなど、大体衰退する理由がよく分かる状況にもなっています。

日本では、PvPよりPvEが好まれている傾向が強く

また、課金がなければサービスが継続できない事情などもあります。

一部ではスマホゲーム業界が下火になっていきている

なんて話もありますが、今後の進展を見ていきたいと思います。

本日はここまで

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …