PvPはどうなる?

   
     
ゲーム

最近は、PUBG(PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS)から端を発した

バトルロイヤル(PvP)形式のゲームが主流となっていましたが

ここにきて

モンスターハンターのような強力して敵を倒す形式(PvE)

のゲームのブームがまた到来してきています。

MHWは拡張パッケージ アイスボーンの発売も予定されています

この記事を書いた時点では、APEX Legendがリリースされ大盛り上がりではありますが

相も変わらず、チート発生の報告が上がっています。

全世界のプレイヤーが熱狂したPvPは、現状、チートや業者などの横行により

新作が出ては下火になり、ということを繰り返している状況です。

PCでの配信上仕方のないことではあるのですが

チートの販売がビジネスで成り立ってしまっている以上、どうしようもありません。

オンラインゲームの寿命は、プレイヤーが決めるものでもあります。

チート購入者は、

オレツエー!をしたいだけで、ゲームの運営など知ったこっちゃない!

という、人種だと私は思っているので

私は、一生オンラインで遊ばなければいいのに、と思うだけです。

サービスが長く続いてほしいのなら、やはりお金を払う必要もあります。

そして当然ながら、バトロワ方式のゲームの大部分が無料プレイです。

過去にも書きましたが、基本無料のゲームでは、課金がなければサービス終了は目に見えていますし

チートが増えることや、プレイヤーへの暴言、ファンメなど

プレイヤー1人の行動が、サービスのイメージや将来を決めるものでもあります。

ちなみに、世界有数のPvPゲーム LoL(リーグオブレジェンド)が掲載した

チーターの対策チームについての記事

https://nexus.leagueoflegends.com/ja-jp/2018/10/dev-removing-cheaters-from-lol/

こちらにも書かれていますが、

中国のチートシーンでの戦いはインフェルノレベルの難易度なので

という記載があるとおり、中国・韓国のチーター発生率は異常で

RSS(レインボーシックスシージ)でも、中国へのサービス開始のアナウンスに対して

チーターによるゲーム崩壊の懸念から大きな反感が生まれました。

そんなこんなで、業者とチーターによって、破壊の一途をたどるPvPゲーム

会社によっては、ゲームサーバーを分ける(中国・韓国は独立サーバー)ことを実施したゲームもあります。

衰退を止めることが出来るのか?

このまま、崩壊してしまうのか?

心配なことばかりです。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
オンラインゲームの失敗 続編という2匹目のドジョウ

サービスを終了します。 サ終と略されるオンラインゲームの終焉。一つの世界の終わり。   つい先日、リ …

ゲーム
メタルマックスの新作 主人公はポチ!

メタルマックスシリーズは、1991年に発売されたRPG 竜退治はもう飽きた! という、 キャッチコピ …

ゲーム
我々は6年待ったのだ!EAST WARDの発売を!!!

とうとう、とうとう EAST WARDの発売が発表されました!! 2019年内に発売が、いつの間にか …