インターネット回線の結局どこがいいの?

   
     
ツール

そういえば、昨今のゲームをする上で一番必要な「回線」について、お話をしておりませんでした。

私は以前、回線事業のカスタマーセンターで電話対応をしておりました。

そこで、現状の光回線の業界や実態、どこが良いのか?

など、詳しくなることが出来ましたので、今回はそのことについてのお話。

さて、まずタイトルについての結論をいうと

IPv6での回線提供出来る会社

というのが、現状のおすすめできる回線会社です。

※提供できないエリアや契約方法もあるので、各自でご確認をお願いします。

現状で言えば、ほとんどの回線会社で提供が可能なものとなっております。

※契約後に申請が必要な会社もあります。

IPv6については、様々なサイトで説明されているので割愛しますが

簡潔に言うと

今までの回線提供方式のIPv4よりも更に早くなり

現状ゴールデンタイムと呼ばれる17時以降でも、現状は遅くならない

という、サービスです。

また、このIPv6については、ほとんどの場合

変更手数料のみがかかるだけで月額の料金には影響しない。

※softbakを除く

という、利用者からしてみれば願ったり叶ったりなものなので

利用可能な方は、是非利用している回線会社にIPv6への変更を問い合わせてみましょう!

なお、1点だけ注意点があるとすれば

変更の連絡をする際に、IPv6に対応したルーターは必ず貸し出しになるのか?

を確認しましょう。

現状Softbankだけは、IPv6での通信にBBユニットという、Softbank光専用のルーターを取り付ける必要がなり、なおかつBBユニットは、月額380円での提供です。

しかし、他社でIPv6での配信をする為に、自社のルーターの貸し出しが必須ではないのであれば

自身でIPv6対応のルーターを購入するだけで、配信可能な状況となるので

ルーター貸し出し必須の有無だけはきちんと確認しておきましょう。

※IPv6対応のルーターは安いものなら4000円-5000円で購入が可能です。

今回はここまで。

総評としては、IPv6での回線提供が可能になったことで回線会社に大きな違いはない。

ということです。

あ、でも、基本NTT以外の会社は、何をするにしてもNTTを通さないと作業が出来ないため

対応の早さで言えば、NTTと契約するのがとても楽でいいと思いますよ!

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ストーリー
古い物件に住むのは25歳位までが限界。近隣住民トラブル

以前の記事で書いたかもしれませんが 実は7月下旬に11年住んだアパートから引っ越しました。   前の …

ツール
PC周りの環境を変える

最近、ゲームより家の模様替えに集中しまくっており 先月今月だけで約5万円以上使っています。   皆さ …

ツール
電子書籍のメリット

電子書籍は皆さんご利用されておりますでしょうか?   今現在、電子書籍は様々なサービスで提供されてお …