ガルパンは、なぜここまで人気なのか?

   
     
アニメ

ガルパンはいいぞ!

ということで、今回はガールズ&パンツァー(通称:ガルパン)についてのお話。

もう視聴された方は、うんうんと頷きながら見ていただきながら

まだ視聴されていない方は、この機に是非見ていただきたい作品です。

ガルパンは、2012年10月に始まったアニメであり

戦車道という、剣道や柔道と並ぶ競技として女性専用の競技が存在する

というぶっ飛んだ世界設定のお話です。

しかし、中身は

どこまでもスポコンであり

戦車の描写は細部までこだわりが見え

劣勢に立たされた主人公たちが如何にして強豪相手に勝利するか、というジャイアントキリングの要素

などなど、とても硬派な作品でもあります。

見どころは、それはもう沢山ありますが

私のおすすめは、やはり戦車戦!

※戦闘はたまにおちゃらけたりもするけど、常に硬派な戦いが展開していきます。


作中での戦闘シーンは圧巻の一言ですが

何よりすごいのが、この作品

重要な戦闘シーンではキャラクターのセリフをあえて入れない

という、演出です。

絵面ではキャラの口は動いていますが、声はなく

そこにあるのは、キャタピラと砲撃の音だけ

声がないの!?と思われるでしょうが

視聴者がキャラのセリフを想像し

戦車の動きに集中できる

いうなれば

キャラが主役で、戦車が舞台装置だったものが

戦車が主役になり、キャラが舞台装置になる

という逆転現象が発生するのです。

現在(2019年6月時点)で、作品は最終章2話が劇場公開されていますが

空白の期間があれど、7年も続く作品。

しかも、TV放送版、OVA版、劇場版、最終章と、どのシリーズも見る価値ありなので

お勧めです!

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アニメ
映画大好きポンポさんは、映像化の意味を体現した作品でした

6月4日から放映されている「映画大好きポンポさん」を見てきました。 前評判から面白い、という話だけ聞 …

アニメ
ガールズ&パンツァーとは最高のシチュエーション作品である

ガールズ&パンツァー(以下、ガルパン)最終章 第3話が公開されて1か月が経過しました。 私も …

アニメ
表現におけるジェンダーについて

今回の記事は、少々まじめ気味なお話となります。 また、本文に書かれている内容は「私個人の主観」の話で …