映画ドラゴンクエスト OtherStory

   
     
アニメ

アルキメデスの大戦 絶賛放映中!

 

ということで今回は、8月2日に公開となった

 

「ドラゴンクエスト ユアストーリー」

正直全く期待してませんでした。
面白さの意味で

「StandBymeドラえもん」や「always三丁目の夕日」

そして、スポーツマン山田などの映画を手掛けた山崎貴監督が

今や日本の中では知らない人はいないであろうゲーム、ドラゴンクエストシリーズ5作目

「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」 をベースとして作成したCGアニメ映画でございます。

なお今回は、ネタバレを含みます。読む際はご注意ください。

 

現在、賛否が分かれに分かれている映画であり

ドラクエを知らない人には好評

ベースとなったⅤをプレイしていた人には、大不評

そして、どちらの層も口をそろえて言うのが、あのラストは不要だった。

という結果でした。

※先日Twitterでドラクエやったことないけど見に行く、っていうスパムアカウントが大量発生していましたね…

さて、今回はなぜあの映画のラストがあんなに言われているのか

その検証をしたいと思います。

 

早速この映画のラストのネタバレをしますが

この物語のラストで、ラスボスから主人公が冒険していたこの世界が

VRの世界であり、ラスボスはゲームを破壊するウイルスであり、主人公へ現実を見ろ

という、この作品の根幹そのものを破壊、否定する言葉をぶつけられます。

 

この部分が視聴者にとってこの作品を台無しにした部分である

そういわれている訳ですね。

 

まあ、この発言のあと結局、主人公の連れていたスライム(ボイス:山寺宏一)が

自分はウイルスを破壊するためのワクチンだ!俺を使え!

的なセリフでロトの剣に変わり(ドラクエⅤにロトの剣は出ません)ラスボスを倒し 主人公はゲームでの体験も自分にとって大切なものだ! という、学びを得て物語は終結します。

  

そして視聴者は、タイトルのユアストーリー(あなたの物語)が、自分がこの映画を見て体験したものは嘘ではない、という意味であった気付きを得る

という、余計なお世話な体験をするわけです。

 

では、なぜこの結末がこんなにも虚無と言われていたのか

私が思ったことは、ドラクエの根本に反するから、この一言に尽きます。

ドラゴンクエストというゲームは、1作目から一貫して1つのルールが存在します。

それは、主人公の名前は決まっていない、ということ。

主人公とプレイヤーを同期させる、ということです。

 

そして、この映画の結末は上記にある通りですが

この主人公と観客の同期は一切なされず、ラストの展開や主人公が学び取ったことも含めて、他人に起きた出来事だからです。

 

様々な視聴後の意見も出ていますがドラゴンクエストⅤという作品は、現在展開されているドラゴンクエストシリーズの中で、最も作品内での時間経過が長く、親子3世代を跨いで進行していく物語です。

 

だからこそ、この作品は

時間的スケールを書くのにも尺は足りず

世界観を描くには製作者側の作品への理解が足りず

※製作陣がⅤを遊んでいない、というのは監督自身がインタビューで発言。

あの結末であれば主人公への感情移入もできない。

と、何もかもが足りていない、本当の意味での虚構になっていた。

それが、今回批判を浴びている原因の1つではないかと思います。

 

そう、だからこそ、この映画のタイトルは

ドラゴンクエスト YourStory

ではなく

ドラゴンクエスト OtherStory

と付けるのが適切もしくは、山崎貴作品では不可能ですが、ドラゴンクエストにすべきでした。

※山崎貴作品は、必ず英語+日本語のタイトルです。

 

私は、あの映画の主人公ではありません。

だって、私はあんな世界を冒険していないし、私の体験したドラゴンクエストには、多くの仲間がいて、冒険があり、ドラマがありました。

 

あ、でも、そう考えると、あのラスボスは私をあの虚無から救い出そうとしてくれた、とてもいいやつなんじゃないかと思えてきました。

 

ということで、今回は以上!

 

それと、アルキメデスの大戦はホントに出来が良いそうですよ!

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
オンラインゲームの失敗 続編という2匹目のドジョウ

サービスを終了します。 サ終と略されるオンラインゲームの終焉。一つの世界の終わり。   つい先日、リ …

ゲーム
メタルマックスの新作 主人公はポチ!

メタルマックスシリーズは、1991年に発売されたRPG 竜退治はもう飽きた! という、 キャッチコピ …

ゲーム
我々は6年待ったのだ!EAST WARDの発売を!!!

とうとう、とうとう EAST WARDの発売が発表されました!! 2019年内に発売が、いつの間にか …