TIME TO WINはもう古い?

   
     
ゲーム

※多分一番新しいTime to Winのゲーム。

 

ゲームの仕様というのも日々変化し、過去では当たり前だったTIME TO WIN(プレイ時間が強さに繋がる)の影がなりを潜め始めました。

現在は色々な方式はあります。

ソーシャルゲームでは

お金の力で強いキャラを引き当てるであることが多く

また、あそぶ時間をお金で買うという、別の形でのTIME TO WINになり

オンラインゲームでは、

F2P(無料ゲーム)が主流となり

アイテム課金で効率アップなど、時間を買うタイプの運営に

一部のオンラインゲームでは、現在もTIME TO WINで運営している会社もありますが

ずっとゲームをつけっぱなしにしなければいけない

きめられた時間にその場に居なければいけない

など、ゲーム自体が生活に侵入してくる、という方式が合わなくなった人が増えたのかもしれません。

また、TIME TO WINはオンラインゲームとの相性が悪い部分もあります。

それが、拡張です。

ゲームが拡張されるということは、手に入れるのに何十日もかかる装備が、拡張によって新しく実装された装備によって無意味なものになってしまう

という、絶対的なルールがあります。

それについていけるか、それがTIME TO WINで求められる条件ではないでしょうか?

ちなみにFF14等における高難易度モードの練習はTIME TO WINに当たるのか?と言われれば

それは、シューターゲームや格闘ゲーム等の時間をかけた人の方が上手い、という経験の話なので、違うんじゃないかな?と思います。

現状、TIME TO WINのゲーム自体かなり少なくなっています。

これは、ゲーム以外のコンテンツが増えたことや、ゲーム運営の考え方もあると思います。

オンラインゲームは時間ばかりかかって廃人が多い、と思っているそこのあなた。

時間は確かにかかるかもしれませんが、現状のオンラインゲームはそこまで時間を必要としないものも多く、選択しも多くあります。

是非あなたが好きになるゲーム。

その世界に踏み出す1歩が生まれれば幸いです。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
今更レビュー ドラゴンクエスト11

今回は、ネタバレ全て含む内容となりますのでご注意ください。   ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を …

ゲーム
Sunset Overdrive(サンセットオーバードライブ)はファストトラベルがもったいない

サンセットオーバードライブは、Insomniac Games(インソムニアックゲームズ)が手掛けるオ …

ゲーム
百英雄伝Risingは…

百英雄伝とは、KONAMIで発売されていた幻想水滸伝のクリエイター達が集結して作られる 2023 年 …