光のお父さん

   
     
アニメ

※こっちが劇場版(吉田鋼太郎版)

※こっちはドラマ版(大杉漣版)

 


見てきました!

映画 光のお父さん!

とてもよかった!

FF14遊んでない人でも観れる1本であり

ゲームがわからなくても、あのストレートな親子関係に対してのメッセージは、是非観てほしい映画です。

ご存じない方に説明すると

この「光のお父さん」という映画は実話をもとにしたお話です。

※フィクションだ、という人もいますが、私はこれが実話だと信じたし、実話であったら本当に素晴らしい話だと思います。

元々は、一撃確殺SS日記というブログで始まった

http://sumimarudan.blog7.fc2.com/

ゲーム好きな父親を自分の遊んでいるオンラインゲームで遊ばせて

息子であることをかくして支援する

という企画でした。

※ブログもめちゃくちゃ面白いのでおすすめ。

そして、様々なご縁があり2017年に実写ドラマ化

主演を

千葉雄大さんと故:大杉漣さんが勤めました。

※ストーリーはブログと違って

 主人公の父親が、突然会社を退職。その真意を知るために主人公がゲームをプレゼントすることから始まります。

そして、ここにきて今年発表された、劇場版放映の告知

もういいでしょ。また?

なんて声も告知中にありましたが、見に行った感想は

最高だった

の一言です。

映画版の主役は

坂口健太郎さんと吉田鋼太郎さん

そして、原作ブログとドラマには存在しない、主人公の妹というキャラの追加

ドラマ7話分をどうまとめるか、という心配もありましたが

色々な部分を再構成し、何を伝えたいのかがシーンごとではっきりしていて

最近多い、変な抜け(宇多丸さん風にいうとベロベロバー)もなく

そして、過度なゲームに対しての宣伝もないのに、ゲームの世界が一発で分かる。

そんな本当に1作の映画として素晴らしい出来になっていました。

私自身、映画はそんなに大量に見るわけではなく、こと日本映画においては全くといっていいほど観ません。

※怒られること承知で書くと、日本映画に出る下手なCGとか、宣伝目的の映画が嫌いなんです…

劇場版 光のお父さんは、海外映画のような、様々なところを旅するわけではありません。

※身重で旅する映画も変っちゃ変ですが。

また、生身のド派手なアクションがあるわけでもありません。

関係が希薄になってしまった父と息子が、同じ家の中で同じゲームという空間を共有し

息子は寡黙な父の心をしり、そして、昔を思い出して父とはどういう人だったかを思い出す。

父は、ずっと隠してきた想いをゲームという広い外の世界を知ることで、その思いに打ち勝つ。

言ってしまえば、作品の映像の中では、劇的なことは一切起きません。

やっていることは、ゲームを通じた体験と人との交流なのです。

でも、この作品は感動作と呼ばれる作品の中でも、かなり高い位置で良い作品でした。

演技がいい、演出がいいもあるでしょうが

自分の身に覚えがあるかもしれない、触れたくなかった家族とのこと

がこの作品の肝なんじゃないかと思います。

別にこの作品を観て、親をゲームに誘えというわけではありません。

でも、なにか終わった後に考えさせられる、おすすめの一本です!

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …