The Game Awardsから見る2023年

   
     
ゲーム

久々の更新です。

色々ゲームしたり、仕事でヘロヘロになったりしてました。

 

さて、2022年も残り数か月となりました。

2022年は事件の年であり、日本にとっても世界にとっても暗いことの多い年でした。

 

そんな中、先日開催されたThe Game Awards(TGA) 2022にて、様々な発表がありました。

ちなみにTGAってなに?という方に説明すると

2014年から開催されたイベントで

ハードウェアメーカー:ソニー・マイクロソフト・任天堂・AMD

ソフトウェアメーカー(プラっとフォーマー):エレクトロニック・アーツ、アクティビジョン、ロックスター・ゲームス、Ubisoft、Valve、Warner Bros.Interactive Entertainment

の代表者からなる諮問委員会が作品を選定。

その年でゲーム業界に最も影響を与えたゲーム、を表彰します。

なお、メイン表彰部門(GAME OF THE YEAR)は一般投票ではなく、選出企業側で決定しているため

ゲーム開発業界人が決める、今年一番凄かったゲーム発表会です。

※一般投票部門もありますが、課金制ソーシャルゲームなどで、ゲーム内トークン(ガチャ石)の配布目的での投票などの可能性があるため、一般投票はメイン表彰部門には組み込まれていません。

 

そして、2022年最も影響を与えたゲームを表彰する部門

GAME OF THE YEARに選ばれた作品こそが

ご存知エルデンリングです。

 

ちなみにフロムソフトウェアは2019年に「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」でGAME OF THE YEARを受賞しており

開催8年間で2度目の受賞という快挙を成し遂げました。

※フロムソフトウェアのゲームって基本フルプライスのAAAタイトルなんですが、フルプライス以上の体験を提供してくれるので、本当に信頼のできる会社です。

 

さて、 The Game Awardsといえば、表彰がメインですが、各会社の新作についてのお披露目も目玉の一つです。

そこでもフロムがやってくれました。

新作

アーマードコア6の発表です。

Twitterで集団幻覚って言われてたのは爆笑しました。

前々から開発中だという話は見聞きしていましたが、とうとう出るんですね…

 

そして、そのほかにも

ファイナルファンタジー(FF)16が2023年に発売が決定

小島プロダクションの新作、デスストランディング2の発表

など、数々の作品発表が行われました。

 

FF16については、FF14の開発チームが開発するということもあり信頼感充分。

あとは、スクエニが弱いキャラクターの演技(キャスティング)面だったり

初動の失敗が無いことを祈るばかりです。

※ことFFシリーズにおいては、初動でのミソが付くことが多い印象。

 

そして、まさかのデスストランディング2の発表には驚きました。

まさかの続編

まさかの配達業務の再開

サムを動かし始めて荷物を運んだ体験

左右のバランスをRLボタンで行った時の驚き

やべーのが始まったぞ…という、あの感動が味わえると思うと楽しみでしかありません。

 

その他にも多数の作品が発表されており、2023年のゲーム業界は明るいかもしれません。

正直、AAAタイトルが多すぎて、他のゲーム会社にとっては絶望かもしれんが..

 

そんなわけで、2023年は最もお金のかかったゲーム体験ができる年になりそうです!!

«
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
今更レビュー ドラゴンクエスト11

今回は、ネタバレ全て含む内容となりますのでご注意ください。   ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を …

ゲーム
Sunset Overdrive(サンセットオーバードライブ)はファストトラベルがもったいない

サンセットオーバードライブは、Insomniac Games(インソムニアックゲームズ)が手掛けるオ …

ゲーム
百英雄伝Risingは…

百英雄伝とは、KONAMIで発売されていた幻想水滸伝のクリエイター達が集結して作られる 2023 年 …