サイバーパンクなめんな!

   
     
ゲーム

サイバーパンク2077が、PSストアから消えたそうです。

原因は、多数のバグです。

 

確かに私も起動してすぐに最初に流れるムービーの音が止まらず

本編を始めてもなり続ける

という、謎のバグに遭遇はしましたが

それでも始めてから有り余る程のゲーム体験ができています。

 

しかし、気にくわないのが、今回のソニーの対応です。

これが、開発からの深刻なのかどうなのかは不明ですが

このゲームについては現在、返金対応にも応じる、という対応を行っています。

 

そこで、返金対応が増え続けることを踏まえて販売を中止したのかもしれませんが

ここで、丁度2年前の出来事を思い出してみましょう

Fallout76

というゲームが2年前の11月に発売されました。

間違えて公開1週間前に配信する、という
とんでもないやらかしを最近しました。

人気タイトルがオンラインで遊べるということで、私も飛びついたのですが

発売から1か月で様々なことが起こり

このゲームのコンセプト通り、プレイヤーに核が降り注ぎ核阿鼻叫喚の事態となりました。

 

とにかくひどかったのがバグ

なにも調整やデバッグをしてないのではないかと言われても仕方ない量のバグが放置されており

再起動を余儀なくされるものや、ログアウトとログインを繰り返さないと進行が出来ないなど

特定の条件下で進行不能になるなどが、数か月にわたり放置されていました。

 

そして、発売後すぐに公式が値引き販売をする

というフルプライスで販売したプレイヤーを煽るようなものや

※ゲーム内通過で一部のプレイヤーは補填されましたが、あくまで一部だけ

 なお、日本に対しての補填は一切ありません。

 また、開発の日本法人Twitterもこの件に関してはだんまり。

 

とまあ、掘り返せばまだまだ出てくるのですが、こんな杜撰な状況で発売されたゲームでも、ソニーはだんまりを決め込んでいたわけです。

 

たしかに、これだけ待たせておいて

結局目に見えるバグが多いサイバーパンク2077と開発には大いに問題はあります。

※プログラムにバグはつきものなのはわかりますが、限度がありますし、普通はリリースしません。

 

しかし、販売元が販売を停止する、となると

バグで味噌が付いたものに更に追い打ちをかけるようなものです。

ゲーム体験としてみれば、本当に次世代のゲームといえるサイバーパンク2077

 

こんな状況になってしまいましたが、私はこのゲームを応援します。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …