VA-11 Hall-Aで会いましょう

   
     
ゲーム

Steamでとうとう発売になりました。

一部では話題になった、サイバーパンクを舞台としたサウンドノベルゲーム

VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action

このゲームの主人公である、バーテンダーのジル

プレイヤーは、ニンジャスレイヤーのような独特な未来を舞台に

Ber VA-11 Hall-A(通称:Vallhalla【ヴァルハラ】)で働く定員ジルとなり、訪れる客にカクテルを作り話を聞く、というゲームです。

 

このゲームにおいてのゲーム性は、とにかく客が希望するカクテルを作ること、それのみですが。

サウンドノベルにおいて、ゲーム性ははっきり言って不要。

とにかく文章を読むことに特化した、小説を映画のように読むためのものです。

 

プレイヤーは、文章を読むことで、世界観を理解し、物語の中での法を理解し、そこで生きるキャラを理解し、動き始める世界を眺める。

そんな楽しみが、サウンドノベルにはあります。

 

サウンドノベルと聞くと、古くは「かまいたちの夜」や神宮司三郎シリーズなどがありますが

どちらかと言えばこのジャンルは、恋愛シュミレーションやアダルトゲームが主体になることが多く

また文章なども多く避けられがちなジャンルでもあります。

 

しかし、ジャンル事態で言えば、他の追随を許さない程の奥深さもあります。

また、以外にも海外作品でのサウンドノベルに似たゲームも多くあり、その世界観や物語性も多種多様です。

 

まだ体験したことがない、という方は是非お勧めしたいジャンルの一つです。

※ちなみに私がお勧めする1本は、Fate/stay nightの全年齢版

 全3章から連なる物語は、読み終わって何故ここまで日本中にファンがいて、派生作品が大量にあるのか、その理由がわかる1作です。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …