積極的なプレイヤーとの交流こそがプレイヤーを繋ぎとめる

   
     
ゲーム

この記事を書いているときは、FF14ファンフェスティバルin東京が開催されております。

2年に1度のお祭り。それがファンフェス

私は過去の記事で散々

開発者からの情報配信について

という、内容を書いてきました。

何故何度も書くかというと、開発とプレイヤーの交流は切っても切り離せないからです。

十数年前、ファミコン全盛期の時代には、キャラバンというものがありました。

当時のキャラバン
探してみたらあるもんです。

これは、今でいうオフイベント。

プレイヤーと開発者の交流の場であり

企業側としては、自身の作るもの、売るものがどんな人の手に渡るのかを分からせるため

新卒や新人を会場に向かわせることも多かったそうです。

そして、プレイステーションなど次世代ハードが生まれてから

このキャラバンはなくなり始め、インターネットが現れたことにより

ネットでの宣伝広告がメインとなります。

しかし、ここで一つ問題が発生してしまいます。

レビュー問題

です。

現在、steamやamazon含めてレビューが大きな問題になっています。

その問題とは、正しい情報の精査が出来ない、悪意のあるレビューが溢れているのです。

以前レビューについての記事も記載しました。

フルプライスのゲームであれば、やはり失敗したくないという思いからレビューを参考にしますが、レビューが全く機能していない、という状況が発生しています。

悪評が1つ付けば、レビューは星1つだけになり、プレイヤーは離れ新規プレイヤーが参入しなくなる。

そんな状況が常に発生するリスクがあるのが現状であり

それを回避するために、開発はプレイヤーとの交流が必要である

と結論付けられるのですが、現状、プレイヤーとの交流が取れている開発はとても少なく

しかもバグが多かったり、様々な問題がある状態でリリースされているなどもあり

レビューが大荒れです。

さて、開発の言葉はプレイヤーが求めるものの1つです。

このゲームは、救われるのか?よくなるのか?

そンな情報もなく、終わっていく作品も多くあります。

ネットで声が届けられる状況で声がないのは、計画なのか、怠慢なのか

これを怠り最終的に会社がつぶれたなんて事象もあるので、もっと各企業、気を使わないといけないですね。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …