公式からの初心者支援には限界があります。

   
     

FF14で最近起きている問題があります。

 

それが、初心者プレイヤー【ホントに初心者か不明】による、アドバイスを暴言としてプレイヤーを通報している。

 

という、コミュニケーションの根幹を脅かすような内容です。

 

調べればこの手の話は、どのオンラインゲームでも山ほどあり、また常にやり玉に挙げられる話でもあります。

※FPSやGTAなどでのファンメ・煽りなど

 

そして、この話になると必ず発生するのが

プレイヤーからの初心者への導線の確保を希望する声です。

 

これに関しては、私もある程度賛同するのですが

どれだけ導線を引いたとしても見ないプレイヤーは見ないし、導線通りに学ばないプレイヤーもいる状況は必ず発生するため、運営からの導線の確保には限界がある

 

というのが自論です。

 

それに、忘れてはならないのは、オンラインゲームはコミュニケーションを前提としたゲームです。

 

最近は、コミュニケーションを取らずに遊ぶ人もいますが

そういった人はコミュニケーションを取る人より、一層自身の行動に慎重にならなければならず、全ての情報を自らが調べ実行する必要が出てきます。

 

オンラインゲームでは、ライト層とコア層の軋轢が絶対にゼロになることはありません。

しかし、その軋轢を無くすために運営が動くことは違うんじゃないかと私は思います。

 

あくまでその軋轢は個人が埋めるべきもの

自分自身で考え動くものです。

 

オンラインゲームは、世界の誰かと遊ぶゲームです。

その誰かを尊重できないのであれば、どれだけ運営が初心者への導線を確保しても無意味。

もっと人を思いやれる人になれるといいですね

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …