PvPに当てはまる人。

   
     
ゲーム


私は以前、面白いゲームの定義、について記事を投稿しました。

簡単に言ってしまえば、変化があり、適切な難易度で自身の成長が体験出来ること。

言い方を変えると、人間同じことは延々と続けられない、ということです。

しかし、この定義に当てはまらないゲームもあります。

それが、

RTS(リアルタイムストラテジー)

RTSのゲームルールは、 拠点を強化し兵士を生産。敵の基地を破壊すること。

 

FPS(ファーストパーソンシューティング)やTPS(サードパーソンシューティング)

FPSは、CODやBFシリーズなどに代表される主観視点のシューターゲーム

 

TPSは、DivisionやPUBGなど、3人称視点のシューターゲーム

 

格闘ゲーム

ストリートファイターなどの格闘ゲームは、いまやeスポーツには欠かせないジャンル

などに代表される、PvPのゲームです。

このタイプのゲームは確かに同じことの繰り返しです。

しかし、人口は一定の水位で存在し、しかも年間で新作やDLCが発表される分野でもあります。

やっていることは同じだが、人が操る、ということで変化が起き、難易度が変化する。

それが今も人気ジャンルである、という証左なんだと思います。

しかし、この手のゲームは本当に人を選びます。

私も以前、BF(バトルフィールド)シリーズに手を出したりもしましたが、とにかく気持ちよくゲームをプレイするまでの時間が長い!

それまでは、死や敗北を積み重ね続けるゲームのため、私自身、このゲームは出来ないな、と思ったほどです。

※だからこそ、プロの人を尊敬もしています。

Eスポーツの代表格とも言えるPvPゲーム。

まだまだ種類も増え続けると思いますが、是非皆さんもお気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …