FF14 ~数年間の積み重ね

   
     
ゲーム
※漆黒のヴィランズで一躍人気キャラとなった、エメぴ

 

とうとう発売されました。

ファイナルファンタジー14(以下FF14) 漆黒のヴィランズ

私は、アーリーアクセス(正式サービス開始日前にプレイ可能になる)から遊び始めましたが

シナリオに泣きながら遊んでいます。

FF14は、現在、日本を代表するオンラインゲームとして今や世界1600万のアカウントが存在するゲームであり

現在もプレイヤーの人口が増加し続けています。

※オンラインゲームは、時間が経過するごとにプレイヤーが減る傾向が強いです。

何故このゲームはここまで人気なのか?その理由の一つに

シナリオが魅力的であるということがあります。

※過去の記事にも記載しました。

そして、今回の漆黒のヴィランズでは、過去のパッケージ

新生エオルゼア

※運営に禊と呼ばせた作品であり、伝説の始まり

 

蒼天のイシュガルド

※堕ちた英雄の新たなる戦い。FF14を伝説にした作品。

 

紅蓮のリベレーター

※それぞれの故郷を取り戻し生きることを選ぶ、人々が英雄足らんとする戦い。

 麻雀もあるよ!

 

この3作であった伏線を回収し、決着を付けるという話であり

そして、そこから新たな真相が現れてくる

という、ストーリーでもあります。

オンラインゲームでは、キャラクターはあまり重視されず、どんな遊びが出来るか?

というコンテンツが持て囃されがちです。

※ストーリーはバックグラウンドを知る、レベルのものでシナリオを知らなくても遊べる、というものがほとんど。

しかし、FF14ではシナリオクリアしないと最新のコンテンツは遊べない、という手法をとり、プレイヤーがその世界を知ることからゲームが始まります。

そしてそのシナリオも

登場人物は、命をかけて立ち向かい、時には死に、残された者が意思を継ぎ、未来を目指す。

そんな、FFシリーズ王道の展開を見せてくれます。

※ちなみに、パッケージ1つのシナリオは、普通のゲーム1本もしくはそれ以上の量があります。

私も含めFFプレイヤーの多くは、ゲームの魅力の1つにシナリオを上げます。

というか、シナリオがなければここまでFF14は、息の長い人気のゲームにはならなかったでしょう。

シナリオを進め世界の危機に立ち向かい、ほかのプレイヤーと交流し、色々な遊びをやる。

そうやって、自身が主人公でありNPCである。

そんなゲームの中に住むことを体現したのがこのゲームです。

まだ遊んだことがない人

FF14ってぎすぎすしたり変な人がいるんでしょ?という、過去の情報を今も握っている人

この作品は、あなたが思うオンラインゲームという概念を吹き飛ばすことができるかもしれません。

この作品は、

私が遊んだどのゲームよりもプレイヤーを想い開発され

どのゲームよりも想像を掻き立てられ

どのゲームよりも素晴らしい体験を提供してくれます。

まずはレベル35まで全てのコンテンツが遊べるトライアル版を!

面白そうだなと思ったらスタンダードパックを!

トライアルで、これはやばいなと思ったら、コンプリートパックを!

スタンダードパックを遊んでまだまだ遊びたいぞ思ったら、漆黒のヴィランズのパッケージ

を買いましょう!

※漆黒のヴィランズのパッケージは、過去全てのパッケージがついているので過去作を買う必要はありません。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゲーム
ダンジョン&ドラゴンズの新作であの頃はかえってくるのか

ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)とは、1974年にアメリカで生まれたテーブルトークR …

ゲーム
主題歌って必要?

現在日本では、新規大型オンラインゲームが発表されています。   1つ目が6/10にサービスインした、 …

ゲーム
ライザのアトリエシリーズはフルプライスで買うゲームではない

数か月前にライザのアトリエを購入し、ひとまずクリアして 感想を記事にしたのですが その後、ライザのア …